So-net無料ブログ作成

“サタデーナイトライブ”ファンに捧ぐ その2 [テレビ]

久方振りに、前々回[“サタデーナイトライブ”ファンに捧ぐ]の続きを書こうと思うわけです・・・。

現在は第35シーズンを放映中の“サタデーナイトライブ(Saturday Night Live)”。
前シーズンは去年の5月16日にシーズンフィナーレを迎えていたわけで、その第34シーズンのラストエピソードのホストが元レギュラーメンバーで、その当時から人気があったウィル・フェレルだった。

・・・という話は以前書いたとおり。

その、‘シーズン最後の放送’の最後のスケッチには驚いたね。
フェレルと、三人の現レギュラーメンバー(既に何本かの映画出演も果たしているキーナン・トンプソン、番組史上最長の十四年間のレギュラーメンバーを経て最後の出演となったダレル・ハモンド、そしてビル・ヘイダー)が駅地下にあるバーのテーブル席に座ってサマーヴァケーションの話をしている。

「妻と東南アジアに行くよ」

と言ったハモンドが、ベトナムの話をフェレルに振ると、いきなりフェレルが立ち上がり、マラカスを持ってビリー・ジョエルの“グッドナイト・サイゴン(Goodnight Saigon)”を歌い出す・・・という、簡単に言えばそんなスケッチだけど、そこで次から次へと‘ミュージシャン’として登場するメンバーの‘サプライズカメオ(Cameo)’には感動さえ覚えたよ。

最初はレギュラーメンバーがピアノやドラムやギターやベース、更にはタンバリン、ヴァイオリン、フルートなんかで登場する。
そして次に現れるのが、そのエピソードの別のスケッチで既にサプライズゲストとして現れていた、元レギュラーメンバーのエイミー・ポーラーとマヤ・ルドルフの二人と、そしてサックスを持ったトム・ハンクス・・・と、何の予告もなくいきなりアン・ハサウェイがギターを持って登場したよ。
更には、ヴァイオリンを持ったポール・ラッドと、この時のミュージカルゲストだったグリーン・デイのメンバー。
とどめに、ダヨーンが好きな(既にサプライズで登場していた)ノーム・マクドナルド、彼とは仲良しのコメディアン、アーティー・ラングと、そして現メンバーのフレッド・アーミセン(彼もダヨーンのお気に入りだ)が昨年結婚した相手である、アメリカで人気の“MAD MEN”というドラマに出演中の女優、エリザベス・モスときたもんだ・・・。

総勢25人の、こんな豪華メンバーのスケッチなんて、いまだかつて見たことがなかった。
そりゃ当然だ。
過去にこれほどまでのスケッチはなかったんだからね。

これは番組史に残る名スケッチとなったな。
オレ自身にとっても、懐かしい思い出がいっぱい詰まっているビリー・ジョエルの“ナイロン・カーテン(The Nylon Curtain)”というアルバム(“アレンタウン[Allentown]”、“プレッシャー[Pressure]”などが入っている) の中にあって、LPレコードで言えばA面のラストに入っているこの“グッドナイト・サイゴン”はそんなに好きな曲じゃなかったけど、このスケッチによって、‘お気に入りの一曲’になったよ(・・・というよりも、この曲を聴くとこのスケッチを思い出してしまうようになった、というのが実際のところかな?)。

そんな傑作スケッチがたくさんある人気長寿番組の“SNL”・・・を制作する会社(BROADWAY VIDEO ENTERPRISESか?) が、吉本興業と提携を結んだというのは、とても嬉しいニュースだったよ。
でも、アメリカ人にしかわからないような政治家や実業家をパロッたり、日本では放送されていない多くのテレビ番組(ドラマはもちろん、前々回書いた“PRICE IS RIGHT”や“JEOPARDY!”などのクイズ番組や、ニュースやドキュメンタリー、等々)のパロディーは日本人にはチンプンカンプンだったり、また日本人には笑えないスケッチなどは、恐らく日本では紹介されないんだろうな。

それでも、今後日本でも“SNL”の話題について誰かと語り合うことができるようになるとすれば、やっぱりダヨーンにとっては喜ばしいこと・・・ダヨーン♫
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。