So-net無料ブログ作成

“サタデーナイトライブ”ファンに捧ぐ [テレビ]

もう二年以上前に書いた“土曜の夜はライブしよう!”の記事に興味を持ってくれた人はどれくらいいただろう。
もしかしたら、たったの一人もいなかったかも知れないけど、元々この“ダヨーンの部屋”ってのは自己満足で書いてるようなものだから、一人も興味を持っていなかったとしても‘良し’だな。・・・いや、‘良し’ダヨーン。

現在、“SATURDAY NIGHT LIVE(サタデーナイトライブ)”ってアメリカの人気番組は、めでたく35シーズン目を全く衰えぬパワーで好評放映中だ。

一回の放送でおおまかに6~7本くらいのスケッチ(それにプラスしてコマーシャルパロディー及びショートフィルムが2,3本)あるとして、ワンシーズンが20エピソードほど(ストなどでかなり放送回数が少ないシーズンもあった)、そして昨シーズンまでで34シーズンだから、総スケッチ数は少なく見積もっても、

6スケッチ×18エピソード(少なめに計算)×34シーズン=3672

で、オレは今までで3600本以上のスケッチ(コントのこと)を見てきたはずだ。
CMパロディーとショートフィルムを加えたら、5500本以上見てるよ。

そんな中でオレが一番好きなスケッチは・・・
普通は決められるわけはないかも知れない。なんたって5500本以上の中の一本だから。
確かに、二番目はこれで三番目はこれ、と具体的には言えないかな。面白いのがあり過ぎて。
でも、一番好きで、しかも客観的に見ても完成度がかなり高い、いや、完璧なのは・・・

“SABRA PRICE IS RIGHT”

ってやつ。
これは92年に放送された、第17シーズンのトム・ハンクスがホストを担当したエピソードの時のスケッチで、アメリカではいまだに放送が続いている超長寿クイズ番組、“PRICE IS RIGHT”のパロディーだ。
“PRICE IS RIGHT”は、日本でもそれを真似てピンクレディーや伊東四朗の司会でTBS系列で放送された“ザ・チャンス”の元になった番組・・・と書いても、二十年以上前に放送されていた番組なので、25歳以下の人間ではその存在を知らない者が殆どだろうけど。
そう考えると、今も平日の朝(L.A.地区はね)に毎日放送されている‘本家’の方はスゴイねェ~。

この“SABRA PRICE IS RIGHT”は、


サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ トム・ハンクス [DVD]

サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ トム・ハンクス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


の中にも収録されてるから、日本でも見ることはできる。
コメディー好きの人やトム・ハンクスファンならば、機会があれば見て欲しいな。

しかしながら・・・

今年の5月に全米でオンエアされた第34シーズンのシーズンフィナーレ(つまり、そのシーズンの最終放送)で、個人的には十本の指に入るであろう傑作スケッチがあったけど、これはどうすれば日本で見られるんだろう?

そのエピソードのホストは番組の出身者であるウィル・フェレルだった。
彼のレギュラー出演時代にとても好評でシリーズ化していた、有名クイズ番組“JEOPARDY!”のパロディー、“CELEBRITY JEOPARDY!”。
これが久々に復活して、どれだけ面白かったか。
(因みに“JEOPARDY!”というのも、これまた今でも全米で放送されている超長寿クイズ番組で、やっぱりこれも日本で真似され、“クイズグランプリ”ってタイトルでフジテレビ系列で昔放送されていた)

現在の“SNL”で一番頑張っていて個人的にも一番のお気に入りのクリステン・ウィグが、アメリカでは有名なテレビパーソナリティー、キャシー・リー・ギフォード(Kathie Lee Gifford)に扮する、このK・ウィグのモノマネも最近の“SNL”ではヒット作だったのに、それとダレル・ハモンドが扮するこのパロディースケッチのレギュラー、‘ショーン・コネリー’(今回が十四年間という番組最長レギュラー出演記録を誇るD・ハモンドの最終出演だから、この“CELEBRITY JEOPARDY!”の‘S・コネリー’も見納めとなるんだろうな)、それに加えて、なんと何の予告もなく、本物のトム・ハンクスが‘トム・ハンクス’として登場したよッ!!

これには驚いた・・・と思っていたら、更に!

これまた何の予告もなく、個人的には大好きだった、元レギュラーメンバーで、レギュラー出演時代の98年にNBCの西海岸の社長に番組から降ろされたノーム・マクドナルドが、これもお馴染みキャラクターである‘バート・レイノルズ’に扮して現れたよー。

これは涙が出るほど嬉しくて、スケッチも無茶苦茶おかしかったね。

“SNL”のファンなら感動さえ覚えたであろうこのスケッチは、日本ではどうすれば見られるのかな。
オレはDVDには録画してあるけど(画像は美しくはない)、それを他人に見せるのは難しいんだろうな(“You Tube”なんかにアップしてもNBCの監視は厳しいから、あっという間に削除される)。

ところで、そのエピソードでの最後のスケッチであり、D・ハモンドにとってもレギュラーメンバーとしては最後になったスケッチには、またまた驚かされたのだった・・・。

つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。